養育費 【よういくひ】

養育費【よういくひ】とは、子どもがすこやかに成長するために必要とされる費用です。

親には、子どもの衣食住だけでなく、教育や医療などの生活について、自らの生活と同水準を保障する義務がありまります。この義務に基づいて親が負担するのが養育費なのです。養育費を払うのは、対象となる子どもと生活しない側の親です。たとえ親権や監護権を持っていなくても、親である限り支払の義務があります。

金額や支払い期間や方法などは夫婦間の話し合いで決めることができます。しかし、話し合いがうまくいかない場合は、夫の住所地にある家庭裁判所に調停の申し立てをします。調停不成立の場合は審判で裁判所が決定することになります。

払い方には一時金として払う方法と、月額支払いがありますが、月額支払いのケースの方がほとんどです。また、その相場は約2万円?4万円のようです。ただし、現在よりも将来の方が義務者の支払能力がなくなりそうな場合など、一時金で支払ってもらう方がいい場合もあります。なお、一時金として支払いを受ける場合は金額が少なくなりがちですが、養育費として足りない場合は追加請求することも可能ではあります。

実際に支払いを受けられるかどうかも問題です。支払いを確実なものとするためには、合意書や公正証書などを作成しておくのがいいでしょう。また、履行確保(家庭裁判所が義務者に対して支払いを勧告します。費用はかからないものの、義務者が応じない場合、支払いを強制することはできません。)、直接強制(地方裁判所が義務者の財産などを差し押さえ、その財産の中から支払いを受ける方法。)、間接強制(一定期間内に支払いが行われなければ、養育費とは別にペナルティが課されること。)などの手段もあります。

用語集へ戻る