離婚届不受理申出 【りこんとどけふじゅりもうしで】

離婚届不受理申出【りこんとどけふじゅりもうしで】とは、離婚届を受け付けないで、という申し出のことです。

これは、離婚届には押印が必要ではありますが、印鑑証明が不要で、さらに夫婦が揃って届出をする必要がない、また本人の筆跡であるかの調査もされないため、話し合いがまとまっていないにも関わらず、相手が勝手に離婚届を偽造して、届け出てしまうということが考えられるからです。また、離婚の話し合いで興奮や諦めなどの気持ちから押印してしまったが、その後、離婚の意思がなくなったような場合もあり得ます。この様なケースに対応するための申し出が、離婚届不受理申出です。

提出先は、本籍地、または住所地の市区町村の役所です。

用語集へ戻る