離婚原因 【りこんげんいん】

離婚原因【りこんげんいん】とは、離婚の訴えを行うことができる原因のことです。

民法は次の5つを離婚原因として規定しています:

・配偶者が不貞行為をした場合

・配偶者が正当な理由もなく、同居義務に違反しているような場合(悪意の遺棄)

・配偶者の制止が3年以上不明な場合

・配偶者が郷土の精神病にかかってしまい、回復の見込みがない場合

・その他、結婚生活を続けがたい重大な理由がある場合

用語集へ戻る