調停離婚 【ちょうていりこん】

調停離婚【ちょうていりこん】とは、家庭裁判所の調停手続(裁判所での話し合い)を利用して離婚すること。

調停手続において話し合いが進み、離婚することや財産的な条件、親権者などが合意に達すると、調停が成立し、「調停調書」が作成されます。この調停調書上で離婚するという条項を記載すると、調停離婚が成立し、戸籍上も調停による離婚と記載されます。

また、調停調書上で、財産的な支払約束を記載すると、それが判決と同じ効力を有し、その調停調書を利用して強制執行(財産の差押え)をすることができるようになります。

用語集へ戻る