認知 【にんち】

認知【にんち】とは、婚姻していない男女の間に子供が生まれた場合、母と子の関係は(現行法及びその解釈では)分娩の事実で明らかとなりますが、父と子の関係は、法的には自動的には確定できません。

そこで、父が子を、自分の子であると認める届出を出して初めて、父と子という法律上の結びつきができることになっています。

認知は、父が行うことはもちろん、子どもからも父に対して認知せよという請求をすることが出来ます。
夫がいわゆる不倫をして他の女性との間に子どもができたとき、夫がその子どもを認知すると、戸籍の夫の部分にその事実は記載されますが、その子が夫婦の戸籍に入るわけではありません。

用語集へ戻る