監護者 【かんごしゃ】

監護者【かんごしゃ】とは、親権の一部である身上監護権のみを持つ人のことです。

これは、親権を財産管理権と身上監護権を別の人に与える場合に生じます。この場合、親権者は財産管理権を持つ人となりますが、子どもと一緒に暮らすことのできるのは身上監護権を持つ人、すなわち監護者となります。

親権者も監護者も、離婚の際に夫婦間で話し合い、決定されます。この合意の結果は離婚届に記載しますが、監護者については書く欄がないので注意が必要です。後々のトラブルを避けるためには、合意書などを作成するべきでしょう。

統計上、母親が親権者になるケースが圧倒的に多いようですが、もちろん父親も親権者になることはできます。

用語集へ戻る