慰謝料 【いしゃりょう】

慰謝料【いしゃりょう】とは、離婚に際して、精神的苦痛を負った者が、負わせた他方の配偶者に対して請求できる損害賠償金のことです。
通常、離婚を破綻させた原因がある者が、その他方に対して支払います。暴力や不貞行為が原因の場合が典型例です。

従って、いわゆる性格の不一致など、どちらか一方のみに責任があるとはいえない場合は法的には慰謝料は請求できません。
なお、報道などでは、財産分与も含めた金額を慰謝料と表現する場合もあり、この場合は非常に高額になります。また結婚年数を基準にした平均額が公表されていますが、これは財産分与金額を含むケースもあり、純粋な意味での平均ではありません。

用語集へ戻る