履行勧告制度 【りこうかんこくせいど】

履行勧告制度【りこうかんこくせいど】とは、家庭裁判所の調停などで、養育費の支払いを取り決めた場合で、その後支払が滞ってしまった場合、請求する側の申し出により、裁判所が支払の状況を調査した上で支払うように勧告してくれる制度です。

これは、支払者に自発的に支払うよう勧告してくれるにとどまり、それでも支払わない場合は、通常どおり相手の財産の差押えなどの強制執行をしなければ滞納分を回収できません。

用語集へ戻る