審判離婚 【しんぱんりこん】

審判離婚【しんぱんりこん】とは、調停が成立しないときに、家庭裁判所で行う審判によって離婚が成立することがあります。

但し、この審判は審判日から2週間以内に異議申し立てがあると、審判の効力が失われてしまうので、対立が激しく異議の申し立てが予想されるときにはあまり意味がありません。そのような場合には、調停を不成立(不調)にして、離婚の裁判を提起するのが通例です。

用語集へ戻る