婚姻 【こんいん】

婚姻【こんいん】とは、結婚のことを意味します。

民法は「結婚」の代わりに「婚姻」という表現を使います。婚姻の成立には実質的要件と形式的要件が必要とされます。

実質的要件とは、当事者が結婚することについて合意していること、そしてその結婚について民法が定める婚姻障害事由がないことを指します。婚姻障害事由としては、適齢であるか(男性は18歳以上、女性は16歳以上)、未成年である場合、両親の同意があるか、重婚でないか、再婚禁止期間内でないか(女性は離婚後すぐに妊娠した場合に、その父親を特定するために6ヵ月間の再婚禁止期間があります)、」、近親者間・直系姻族間・養子などの間での結婚ではないかなどがあります。

形式的要件とは、戸籍に基づく届け(婚姻届)のことです。これをしない場合、事実婚(内縁の関係)にとどまることになります。

用語集へ戻る