不貞行為 【ふていこうい】

不貞行為【ふていこうい】とは、日常的には聞きなれない言葉ですが、「浮気」のことを指します。

民法には「浮気」という言葉の代わりに「不貞行為」という表現が使われています。浮気の内容は人それぞれ違いますが、不貞行為とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」です。つまり、結婚している相手以外との性交渉のことをいいます。ですので、性交渉を伴わない男女の密会などは不貞行為には該当しないことになります。

この不貞行為は離婚原因となります。離婚の原因で最も多いの理由は性格の不一致といわれますが、裁判にまでもつれるものの中では不貞行為が一番多いようです。

用語集へ戻る