行政書士の業務内容

行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市、区役所、町、村役場、警察署等)に提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署の提出する手続きについて代理することを業としています。その書類のほとんどは許認可等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。

※他の法律で制限されているものについては、業務を行うことはできません。

権利義務に関する書類を作成 ・賃貸契約書作成
・借用書の作成
・議事録の作成
・内容証明の作成
・遺言書、遺産分割協議書の作成
・念書、協定書、合意書、誓約書の作成
・その他各種契約書の作成

あらゆる文書作成の請負人です。
官公庁(役所等)に許認可、
届出に関する書類を作成
・農地法許可申請
・宅建業免許申請
・貸金業登録申請
・有限会社、株式会社の設立
・告訴告発状作成
・帰化、永住許可申請

その他数千種の申請業務があるといわれています。

行政書士について

離婚・慰謝料専門 弁護士一覧