弁護士の業務内容

弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命としています(弁護士法第1条)

弁護士によって専門や得意分野がありますが民事、刑事の法律の相談を受ける事ができ、民事、刑事共に訴訟や交渉の代理人(依頼者の代わり)としてあなたに代わって活動してくれます。

弁護士に依頼するメリット

当事者の話し合いのみですと、力の弱い人、法律知識のない人は相手方の主張を大幅に認めることになってしまい、泣き寝入りをする事にもなりかねません。
弁護士は依頼人の利益(法的な権利や金銭的な条件)の為に豊富な経験や過去の判例をから個々のケースに最適なアドバイスをしたり、代理人として相手側と交渉する事ができます。

顧問弁護士とは?

顧問弁護士は

・事業計画に関する法的助言
・企業経営に関する法的助言
・日常業務に関する法律問題の助言
・法的紛争の予防及び解決
・企業再建・整理に関する法的助言・対策
・監査役に就任した場合の業務監査

などの業務を担当します。

離婚・慰謝料専門 弁護士一覧